【藤かんな】勤務先のバレエ教室は存在しない?売名のための炎上商法だった!

sns上で賛否両論を繰り広げられている、セクシー女優の藤かんなさん職業差別問題。

セクシー女優がバレエ教室の講師をしてはいけないのか?というのが争点ですが、実はそもそもバレエ教室で勤務していないのでは?との噂もあります。

話題のツイートは、炎上目的の売名行為だったのではないか?とも言われています。

目次

藤かんなの勤務先バレエ教室は存在しない!?

引用:twitter

セクシー女優の藤かんなさんのツイートが、sns上で賛否両論を呼び話題となっています。

問題のツイートがこちら↓

引用:twitter

藤かんなさんは、セクシー女優として活躍しながら副業でバレエ教室の講師をされているとのこと。

しかし、今回勤務先にセクシー女優をしていることがバレ、バレエ講師を続けられなくなったそうです。

このツイートに対して、sns上では賛否両論の議論が繰り広げられています!

バレエ講師にセクシー女優は反対派の主張

親御さんを中心に反対派の意見が多いです。

引用:twitter

そりゃ、自分の子どもの写真が無許可で掲載されていたら嫌だよね。

問題となってる、子どもの写真がこちら↓

引用:twitter

※一部加工しています。

引用:twitter

問題の藤かんなさんのtwitterは、セクシー女優であることをオープンにしているアカウントのため、そこにバレエを習っているこどもの写真を載せるのに抵抗感がある方が多いです。

引用:twitter

一般的なバレエ教室は、レオタードの上に必ず着用して通うように指導したり、不審者対策をしている教室は多いから。
そんな中、レッスン中の子どもの姿を載せているのは、危機管理能力がない!と言われても仕方ないのでは?

擁護派の主張

一方、擁護派の主張は「職業差別」で、人権問題だ!とのこと。

引用:twitter

しかし、この職業差別発言に対して反論する方が多いです!

引用:twitter
引用:twitter

職業差別ではなく、児童保護!
子どもの写真を掲載して、性的な対象になる可能性を作ってしまった事はダメだよね〜。

売名目的の炎上商法の可能性が高い

引用:twitter

セクシー女優のバレエ講師の件、賛否両論sns上では議論が繰り広げられていますが、実は炎上目的のツイートだった!?との噂も…。

その理由がこちら。

  • バレエ講師をできるレベルではない
  • 顔出しでsnsをしている
  • 昨年にも職場バレ騒動を起こしている
  • 小説風なツイート

バレエ講師ができるレベルではない

バレエ経験者の方から見ると、藤かんなさんのバレエは講師ができるレベルではないそう。

バレエ素人から見たら技術的なことは分からないけれど。
確かに、ふらついてるところがあるしねー。

顔出しでsnsをしている

そもそもの問題の提起が、セクシー女優をやっていることがバレたら職を失った、ということなのに、顔出しで堂々とsnsをされていることに疑問の声が多いです。

引用:twitter

これは、そもそもバレるの当たり前でしょ!とも思えるよね〜。

引用:twitter

顔出しで、自分のnoteまで宣伝しているとは・・・

昨年にも職場バレ騒動を起こしていた

実は、藤かんなさんがセクシー女優をしていることが職場にバレた!とのツイートは今回が初めてではありません。

引用:twitter

↑こちらで紹介したツイートは現在削除されていましたが、前職の上司にバレて退職するまでの様子がツイートされています。

引用:twitter
引用:twitter
引用:twitter
引用:twitter

ん??なんだか書き方が…

小説風なツイート

セクシー女優をしていることがバレて前職を退職することになったツイートもそうですが、書き方や展開が小説のようとの指摘もあります。

引用:twitter
引用:twitter

なるほど…!全て藤かんなさんの小説だったのね〜

まとめ

セクシー女優の藤かんなさんが、講師をしているバレエ教室で身バレしたという話題のツイート。

しかし、真相は売名目的の炎上商法の可能性が高いです。

現に、今回の騒動で藤かんなさんが出演する動画が1位になったようなので、藤かんなさんの策略は成功されたようですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当ブログは、芸能や世の中の話題になっていることを取り扱うブログです。
書いているのは、エンタメニュースを毎日チェックしているアラフォー主婦です。
自分が気になったことを記事にしているので、同じ疑問を持った方のお役に立てれば幸いです。

目次